人気のあるアンティーク雑貨

日本でアンティーク雑貨が人気になりだしたのはイギリスやアメリカのアンティークでした。イギリスのブレッド缶や陶器のマーマレードポット、アメリカのファイヤーキングの食器などは大人気でした。それがちょっとずつフランスのアンティーク雑貨へと変化していきました。フランスアンティーク雑貨の特集や、インテリアをシャビーなフランス風になど、アンティークを取り入れた生活を提案する雑誌も増え、最近ではカントリーなアメリカアンティークよりシックでシンプルかつ、かわいいフランスアンティークに、人気が集まっています。

そのフランスアンティーク雑貨の人気アイテムですが、まずは、カフェオレボウルやお皿、ホーローものなどのキッチン用品です。
カフェオレボウルは、ハンドペイントやステンシルなど、かわいい柄や色使いでとても人気があり、一点ものと言う希少性で今ではコレクターアイテムとなっていて高値で販売されています。お皿など食器類は日常使いできるので、飾るためのアンティークではなく、使いながら楽しむアンティークとして人気があります。

お菓子やアクセサリーの販売している方にも食器は人気があります。アンティーク雑貨がそれらをより良く見せてくれるのです。ホーローもまたBB社やJAPY社、エトワール社などが作った人気のある柄は高値で販売されています。次にオトメな女性に好まれる、ロマンチック系のものです。これらはレースやお花、人形、ぬいぐるみなどガーリーな雰囲気のあるのが人気です。レースは大きなものから、小さなドイリーまで様々ですが、最近はハンドメイドも流行っているので、それに使うためにカットされたレースや生地も人気があります。

お花というのは布で出来たお花で、コサージュや花冠などがあります。陶器で出来たお人形や、ぬいぐるみは、クマや猫、犬など可愛らしいものが人気です。レースなどの手芸物をメルスリーといいますが、これらもとても好まれています。
レース以外にボタンや糸、生地や裁縫箱など色々あります。中でもボタンは今では作られていないガラスボタンや、ベークライトで作られているボタンなどがあり、現在にはない色や形が好まれています。動物絵や、形の子供用のボタンも人気です。また、紙もの人気のひとつです。

昔、誰かに当てた手紙なのですが、封書のものや、ポストカードがあります。それらは消印も残っており1900年初頭のものが多くあります。ポストカードは絵も素敵なのが多いのですが、宛名のカリグラフィーもとても素敵なので、どちらの面を飾っても楽しめます。
紙ものは他にも契約書のようなものや領収書などありますが、どれも書体が美しいので、そのまま壁に貼るのも良いですが、額装するとより素敵なオブジェになります。

昔薬局で使われていたファーマシーボックスなどの紙箱も人気がありますが、特に人気なのは香水や石鹸が入っていた綺麗なボックスです。スミレやスズランなどが描かれているものはとても綺麗なのです。それと、箱にに綺麗な生地が貼り付けてあるのをカルトナージュボックスと言い、お裁縫箱にしたり、好きなものを入れたりと、使い方色々楽しめるので、こちらも人気があらります。
最近は、アンティーク雑貨をそのまま飾るだけではなく、紙ものにレースを付けてコラージュしたり、ひと手間加えて楽しむ方も増えています。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment