フランスエッフェル塔

フランス、パリと言うと真っ先に思い浮かぶのは、凱旋門やシャンゼリゼ通りも有名ですが、パリのシンボル的な存在のエッフェル塔ではないでしょうか。エッフェル塔は1889年のパリ万博の時に建てられた、高さ324メートルのタワーです。展望台もあり、エレベーターと階段で上まで昇ることができ、毎日観光客で行列ができています。夜にはライトアップされ、昼間と違った姿を見ることができます。

お土産屋さんにはパリを象徴する雑貨が沢山ありますが、エッフェル塔は置物やキーホルダーなど様々な種類があります。このエッフェル塔の置き物ですが、これは現在、お土産屋さんでも小さなものから、とても大きなものまで色んなサイズが販売されています。今では全て中国製なのですが、蚤の市で見つける古いものはしっかりとメイドインフランスと書かれています。昔はお土産ものもフランスで作られていたのですね。

アンティーク雑貨の中にひとつ、エッフェル塔を置くだけでお部屋の中がパリの雰囲気へと可愛くアップするのでおすすめです。アンティーク雑貨の中のポストカードは、お花や鳥などの綺麗なものが日本では好まれていますが、パリの風景のものもとても人気があります。なかでも、やはりエッフェル塔はその1枚だけでインパクトがあるのでとても素敵です。色んな角度から撮られたものや、建物の間からのエッフェル塔、モノクロ写真のものなど見え方によって、色んな顔のエッフェル塔はとても格好良い姿です。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment