アンティークミラー

鏡というと手鏡から姿見になるくらい大きなものであります。アンティークのミラーはフレーム部分がレリーフ装飾されていて、とてもエレガントです。貝殻のモチーフなどもあります。繊細な花やアールヌーヴォーの装飾はアンティークならではです。レリーフ装飾により、それぞれ雰囲気が変わるので、お部屋のタイプに合わせて飾るのも良いですね。もちろんレリーフのないシンプルなミラーもあります。アンティークミラーを飾るとお部屋が明るくなりますよ。

小さめな壁に掛けたりするミラーも人気があります。スクエアや、オーバル(楕円)など形も様々です。
オーバルの上部にリボンモチーフが付いてるタイプはとても可愛らしいです。また、バンブーミラーと言って、フランスでシノワズリー(中国装飾)が流行っていた頃に作られたミラーで、竹の形に作られた木製のフレームです。ナチュラルなブラウンや、白や水色にペイントされたシャビーなバンブーミラーもあります。

こぶりなミラーはチェストの上などに置いても場所を取らないのでおすすめです。ちょっと珍しい3面のミラーがあります。
3面は畳めるようになっています。開いて置くことも出来ますし、真ん中のミラーにはチェーンが付いているので壁にかけることもできます。背面はレザーや、絵が描かれているものもあります。
アンティークのミラーは状態が悪いことも多いです。くもりがかっていてはっきり見えなかったり、割れていたりするものがあります。抵抗ある場合には、現行品の鏡を入れてもらうと良いでしょう。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment